わたしの愛するWebサービス「Remember the Milk」

f:id:oboyu:20160924201728j:plain

Remember the Milk」というWebサービスがあります。 サービス名から察しがつくかもしれませんが、「Remember the Milk(牛乳のことを忘れない)」など、 日々のタスクを楽しく効率的に管理するためのWebサービスです。

リリースされたのは、11年前の2005年10月。 2016年9月現在では、Webだけに止まらず、Mac, Windows, Linux, iPhone, iPad, Android phones & tablets, BlackBerry 10など様々なデバイスで使えるアプリが提供され、ユーザー数としては600万人にのぼるようです。

f:id:oboyu:20160924222747j:plain

拠点も当初はオーストラリアのシドニーでしたが、現在はサンフランシスコに移っているというのを今回調べて知りました。

私の使用履歴

私自身「Remember the Milk」を何で知り、使うようになったのか、今となっては思い出せないのですが、2009年7月から使用をはじめ、今年で7年強となります。 履歴をみると、使用をはじめた5ヶ月後の2009年12月にプロアカウントを購入しており、急速に入れ込んでいった様子が伺えます。

Remember the Milk」の魅力

Remember the Milk」という気の利いたサービス名が気に入っているから、アイコンの牛がかわいいから、操作感が気持ち良いからなど「Remember the Milk」の魅力は多々ありますが、数あるタスク管理サービスの中から「Remember the Milk」を使い続ける理由をひとつ上げるとしたら、タスクを「一行入力」できることになるかと思います。

効率的な「一行入力」

例えば「家賃を9/25日に払う」タスクを登録する場合、下記のテキストをスペース区切りで「一行入力」すれば「Remember the Milk」側で「タスク名」「期日」「タグ(カテゴリー)」を判別し、管理してくれます。

家賃を払う 9/25 #生活

毎月25日に繰り返すように指定するならば、下記のように入力します。

家賃を払う 9/25 #生活 *every month

「*(アスタリスク)」を入力すると「every day」「every week」「every month」などがサジェストされるので、入力の手間はありません。

f:id:oboyu:20160924223227p:plain

おそらく多くのタスク管理サービスは、「タスク名」「期日」「タグ(カテゴリー)」ごとに入力や選択を行はなくてはならないのではないでしょうか。 この効率的な「一行入力」が「Remember the Milk」の魅力の最もたるところで、今後もわたしは使い続けるんだろうなと思っています。

興味をもったひとは、下記ページなども参考にしてみてください。

以上、わたしの愛するWebサービスRemember the Milk」の紹介でした。

Amazonやヤフオク!で出品した商品を、簡単に低コストで発送する方法

f:id:oboyu:20160309222536j:plain ここ数ヶ月、Amazonヤフオク!に出品したりしていました。

いくつか商品を発送するうちに、数年前に愛用していた「クロネコ メール便」がなくなっていたり、日本全国一律164円という低コストでA4相当の商品が発送できる「クリックポスト(日本郵便)」というサービスが台頭していたりなど、配送業界の変化を感じました。

2016年6月現在、なるべく簡単に低コストで商品を配送するには、果たしてどのサービスを使うのが一番よいのでしょうか

比較しやすくするために、日本全国一律料金の主なサービスを、重さを軸に表にまとめてみました。

f:id:oboyu:20160529230834p:plain 重さと料金だけで考えると、100g以内までは「定形外郵便物」、1kg以内は「クリックポスト」、4kg以内は「レターパックライトで発送するのが一番低コストのようです。

しかし、配送料は重さだけで決まるわけではありません。

例えば「クリックポスト」の場合、長辺34cm以下、短辺25cm以下(約A4以内)、厚さ3cm以下など、サイズによる縛りがあります。

また、専用ケースにより梱包の手間が省けたりweb上の宛名入力で宛名書きの手間が省けたりなど、サービスにより便利なオプションが用意されていたりします。

実際に発送を依頼する際の窓口が生活圏内にあるかのチェックも必要です。

それらの情報を、先ほどの表に追加したのがこちらです。 料金一律以外の配送サービスも追加してみました。

f:id:oboyu:20160529230859p:plain *表に収めるため情報を簡略化しているので、詳細は各サービスのページをチェックしてください。

項目が多すぎて見る気がしないと思うので、ざっくりまとめると、個人的には下記サービスがおすすめです。

以下*部分の補足です。

  1. 「クリックポスト」は、Web上で登録し、専用ラベルを印刷する必要があります(白黒でOK)。家にプリンタがないひとは、セブンイレブンのネットプリント(白黒1枚20円)との合わせ技をおすすめします。

  2. 「ヤフネコ!ネコポス」「ヤフネコ!宅急便」など、「ヤフネコ!」がつくサービスは、ヤフオク!でのみ使用可能。落札者の情報を引き継ぐので、宛名入力なしなところがオススメです。

  3. 定形外郵便物はサイズの自由度が高く使いやすいのですが、追跡サービスがないので、高価なものの配送には向きません。

  4. はこBOONヤフオク!以外でも使えます。Web上での宛名入力は必要ですが、Famiポートで受付すると、宛名ラベルが用意されるのでおすすめです。


梱包がめんどうなひとは、専用ケースが用意されている下記サービスがおすすめです。


以下、各サービスへのリンク一覧です。

はこBOON mini


個人発送について詳しくなってしまったので、せっかくなのでまとめてみました。

みなさまがなにかを発送する際の参考になれば嬉しいです。




海外でどうやってインターネットに繋いだらよいのだろう 

ひさしぶりに海外旅行にいくことになった。
真っ先に思い浮かんだのが、海外でどうやってインターネットに繋いだらよいのだろうということだった。

周囲のひとに訊いてみたところ、2016年1月現在、だいたい下記3つのいずれかの方法を使い、海外でインターネットに繋いでいるようだった。

1.国内キャリアの海外で使えるサービスを使う
2.海外で使えるモバイルWi-Fiをレンタルする
3.海外で使えるSIMカードを購入する

ふだん使っているiPhoneを海外でそのまま使用することを前提に、どの方法が最も適切なのか調べてみた。

ちなみに、キャリアはSoftBank、モデルはひとつ前のiPhone 5、渡航先はシンガポール、使用期間は5日程度。


1.国内キャリアの海外で使えるサービスを使う

良いところ:事前申込なし。渡航後、iPhone上の設定をすれば使用可能
良くないところ:日本と同じような使い方をすると2,980円/日、5日で最大約15,000がかかる可能性がある(キャー)

SoftBank 海外」など「(キャリア名) 海外」で検索すれば、キャリアごとの海外向けサービスの詳細が確認できる。
ちなみに、SoftBankの場合、料金設定は下記の通り。

0~1,980円/日※3、25Mバイト※3以上なら2,980円/日※3

※3 iPhoneiPadスマートフォンでウェブ(3G)をご利用の場合。渡航先の現地時間ではなく、日本時間(午前0時~午後23時59分)の1日を基準に課金されます。


短期旅行、必要なときだけ最小限つなぐ、といった使い方ができるひとには向いてそう。
もしくは、使用料金など気にしないといった財力のあるひとにも向いているプランかもしれない。


2.海外で使えるモバイルWi-Fiをレンタルする

良いところ:1000円/日ぐらいの使用料。5日ならば約5,000円。国内のWi-Fiを使用するときと同じ感覚で使用できる
良くないところ:高速プラン、紛失・破損などに対する補償やモバイルバッテリー追加など、オプションの誘惑が多い(入口の金額は安いけれど、支払い時はそれなりの金額になっている…!)

Wi-Fi 海外」などで検索すれば、該当のサービスの詳細の確認、お申し込みができる。

結論から言うと、このサービスを使用することにした。知人も利用しているグローバルWiFiで「シンガポール 3G」をレンタル。
スコールの可能性も考え、補償パックを念のためつけ、合計金額は5,510円だった。


3.海外で使えるSIMカードを購入する

良いところ:とにかく安い。使い方にもよるけれど5日で2,000円ぐらいで済みそう。
良くないところ:SIMフリーのiPhoneである必要がある。ちなみにSoftBankの場合、SIMフリーにできるのはiPhone 5sからでわたしのiPhone 5は対象外。また、SIMカードを自分で抜き差しし、iPhoneの設定を行わなくてはならないので、そのあたりに詳しくないととっつきにくい方法だと思う

「SIM 海外 シンガポール」など「SIM 海外 (国名)」で検索すれば、購入方法や設定方法を紹介しているページが表示される。

現在使用しているiPhoneだと使えない方法のため、早くに見送った。機会があれば試してみたい。


成長したいひとは、パウンドケーキを焼けば良いかもしれない

年末、今年買って良かったものを紹介しようと思いながら、年を越してしまいました。

昨年買って良かったもの。
ふたつめは、「パウンド型ひとつで作るたくさんのケーク -しっとりパウンドケーキ」という、若山曜子さんのレシピ本を上げたいと思います。


「パウンド型ひとつで作るたくさんのケーク」若山曜子

Amazonでの評価が高かったので気になり購入したのですが、大変良かったです。

カスタマーレビューに「成長できます」とあるように、掲載順に沿ってパウンドケーキを焼いていくと、基本のパウンドケーキをベースに、ドライフルーツを混ぜるときのコツや、アイシングの作り方、チョコレートと合うお酒の選び方など、ケーキ作りにおけるスキルや知識を習得することができる内容となっています。

全体として、作り手側の負担にならない範囲で次第に難易度が上がっていく構成になっていて、教科書としても良くできた本だなと思いました。
こういう型を繰り返しながら成長が望めるレシピ本が、個人的に欲しかったのです。

こちらのレシピ本を参照し、昨年焼いたパウンドケーキはこちら。

基本のしっとりパウンドケーキ(2015.7.26)

ドライマンゴー×オレンジ(2015.8.2)

クランベリー×ホワイトチョコ(2015.8.9)

(干し柿がなかったので)杏×ほうじ茶(2015.8.16)

(前回ムラになっちゃったのでリベンジ)ほうじ茶(2015.8.26)

カフェモカ(2015.8.30)

キャラメル×アーモンド(2015.9.20)

チョコレート×ヘーゼルナッツ(2015.10.11)

きび砂糖(2015.11.3)

黒砂糖(2015.11.23)

そば粉×アプリコット(2015.12.20)

スクエアショートケーキ(2015.12.26)

掲載されている順に作っていて、現在4分の1までたどり着いたところ。
今年も順に作りながら、パウンドケーキを通し、成長を望めたらいいなと思います。

ニキビが治らないひとは、枕カバーを替えると良いかもしれない

今年の振り返りとして、みなさんが良くやっている、今年買って良かったものを紹介してみたくなった。

最初の思惑としては、今年買って良かったものを10点ほど選び、ひとつの記事にまとめるつもりだった。
しかし、いざ選んでみると、ひとつひとつの商品に対し、買うに至った経緯や実際使ってみて思ったことなど、ある程度のまとまった文章を添えたい気持ちが湧いた。

そこで、ひとつひとつの商品ごとに記事を用意し、紹介してみようと思った。

今年買って良かったもの。
ひとつめは、シルクのような肌触りの「エジプト高級超長綿ホテル品質枕カバー」。

エジプト高級超長綿ホテル品質枕カバー(Amazon)

わたしはニキビができやすい。皮膚が薄く、刺激に弱い。
そのため、保湿はもちろん、衛生面を考慮し毎日枕に巻くタオルを変えるなど、気を使っていた。
しかし、それがいけなかったことに、今年気づいた。

ある時、肌にはシルク製の枕カバーが良いみたいよという話をきいた。
シルクとは、蚕の極細の繭糸で織られた、キメの細かい高級織物のことで、このキメの細かさが肌に対する刺激を抑え、肌を健やかに保つ効果があるということだった。
同じ理屈で髪にもよいとのことである。

仰向けで寝ているひとには関係のない話かもしれないが、横向きやうつ伏せで寝る癖のあるわたしは、寝ている間、頰に枕の生地が当たる。
その際、キメの粗いタオルが頰に当たると、それが肌への刺激になり、ニキビの原因になることもあるらしい。

なるほどと思った。
一方で、そのぐらいの刺激で、ニキビの原因になってくれるなとも思った。
ものは試しと、さっそくAmazonで「枕カバー シルク」などと検索し、こちらを購入した。

使ってみたところ、頰にできたニキビやニキビ跡がみるみる治ったのだった。

ちなみに、本物のシルク素材の枕カバーも買ってみたが、テロテロしていて、個人的には綿素材の方が良かったので、こちらをおすすめしたい。