ニキビが治らないひとは、枕カバーを替えると良いかもしれない

今年の振り返りとして、みなさんが良くやっている、今年買って良かったものを紹介してみたくなった。

最初の思惑としては、今年買って良かったものを10点ほど選び、ひとつの記事にまとめるつもりだった。
しかし、いざ選んでみると、ひとつひとつの商品に対し、買うに至った経緯や実際使ってみて思ったことなど、ある程度のまとまった文章を添えたい気持ちが湧いた。

そこで、ひとつひとつの商品ごとに記事を用意し、紹介してみようと思った。

今年買って良かったもの。
ひとつめは、シルクのような肌触りの「エジプト高級超長綿ホテル品質枕カバー」。

エジプト高級超長綿ホテル品質枕カバー(Amazon)

わたしはニキビができやすい。皮膚が薄く、刺激に弱い。
そのため、保湿はもちろん、衛生面を考慮し毎日枕に巻くタオルを変えるなど、気を使っていた。
しかし、それがいけなかったことに、今年気づいた。

ある時、肌にはシルク製の枕カバーが良いみたいよという話をきいた。
シルクとは、蚕の極細の繭糸で織られた、キメの細かい高級織物のことで、このキメの細かさが肌に対する刺激を抑え、肌を健やかに保つ効果があるということだった。
同じ理屈で髪にもよいとのことである。

仰向けで寝ているひとには関係のない話かもしれないが、横向きやうつ伏せで寝る癖のあるわたしは、寝ている間、頰に枕の生地が当たる。
その際、キメの粗いタオルが頰に当たると、それが肌への刺激になり、ニキビの原因になることもあるらしい。

なるほどと思った。
一方で、そのぐらいの刺激で、ニキビの原因になってくれるなとも思った。
ものは試しと、さっそくAmazonで「枕カバー シルク」などと検索し、こちらを購入した。

使ってみたところ、頰にできたニキビやニキビ跡がみるみる治ったのだった。

ちなみに、本物のシルク素材の枕カバーも買ってみたが、テロテロしていて、個人的には綿素材の方が良かったので、こちらをおすすめしたい。