海外でどうやってインターネットに繋いだらよいのだろう 

ひさしぶりに海外旅行にいくことになった。
真っ先に思い浮かんだのが、海外でどうやってインターネットに繋いだらよいのだろうということだった。

周囲のひとに訊いてみたところ、2016年1月現在、だいたい下記3つのいずれかの方法を使い、海外でインターネットに繋いでいるようだった。

1.国内キャリアの海外で使えるサービスを使う
2.海外で使えるモバイルWi-Fiをレンタルする
3.海外で使えるSIMカードを購入する

ふだん使っているiPhoneを海外でそのまま使用することを前提に、どの方法が最も適切なのか調べてみた。

ちなみに、キャリアはSoftBank、モデルはひとつ前のiPhone 5、渡航先はシンガポール、使用期間は5日程度。


1.国内キャリアの海外で使えるサービスを使う

良いところ:事前申込なし。渡航後、iPhone上の設定をすれば使用可能
良くないところ:日本と同じような使い方をすると2,980円/日、5日で最大約15,000がかかる可能性がある(キャー)

SoftBank 海外」など「(キャリア名) 海外」で検索すれば、キャリアごとの海外向けサービスの詳細が確認できる。
ちなみに、SoftBankの場合、料金設定は下記の通り。

0~1,980円/日※3、25Mバイト※3以上なら2,980円/日※3

※3 iPhoneiPadスマートフォンでウェブ(3G)をご利用の場合。渡航先の現地時間ではなく、日本時間(午前0時~午後23時59分)の1日を基準に課金されます。


短期旅行、必要なときだけ最小限つなぐ、といった使い方ができるひとには向いてそう。
もしくは、使用料金など気にしないといった財力のあるひとにも向いているプランかもしれない。


2.海外で使えるモバイルWi-Fiをレンタルする

良いところ:1000円/日ぐらいの使用料。5日ならば約5,000円。国内のWi-Fiを使用するときと同じ感覚で使用できる
良くないところ:高速プラン、紛失・破損などに対する補償やモバイルバッテリー追加など、オプションの誘惑が多い(入口の金額は安いけれど、支払い時はそれなりの金額になっている…!)

Wi-Fi 海外」などで検索すれば、該当のサービスの詳細の確認、お申し込みができる。

結論から言うと、このサービスを使用することにした。知人も利用しているグローバルWiFiで「シンガポール 3G」をレンタル。
スコールの可能性も考え、補償パックを念のためつけ、合計金額は5,510円だった。


3.海外で使えるSIMカードを購入する

良いところ:とにかく安い。使い方にもよるけれど5日で2,000円ぐらいで済みそう。
良くないところ:SIMフリーのiPhoneである必要がある。ちなみにSoftBankの場合、SIMフリーにできるのはiPhone 5sからでわたしのiPhone 5は対象外。また、SIMカードを自分で抜き差しし、iPhoneの設定を行わなくてはならないので、そのあたりに詳しくないととっつきにくい方法だと思う

「SIM 海外 シンガポール」など「SIM 海外 (国名)」で検索すれば、購入方法や設定方法を紹介しているページが表示される。

現在使用しているiPhoneだと使えない方法のため、早くに見送った。機会があれば試してみたい。