成長したいひとは、パウンドケーキを焼けば良いかもしれない

年末、今年買って良かったものを紹介しようと思いながら、年を越してしまいました。

昨年買って良かったもの。
ふたつめは、「パウンド型ひとつで作るたくさんのケーク -しっとりパウンドケーキ」という、若山曜子さんのレシピ本を上げたいと思います。


「パウンド型ひとつで作るたくさんのケーク」若山曜子

Amazonでの評価が高かったので気になり購入したのですが、大変良かったです。

カスタマーレビューに「成長できます」とあるように、掲載順に沿ってパウンドケーキを焼いていくと、基本のパウンドケーキをベースに、ドライフルーツを混ぜるときのコツや、アイシングの作り方、チョコレートと合うお酒の選び方など、ケーキ作りにおけるスキルや知識を習得することができる内容となっています。

全体として、作り手側の負担にならない範囲で次第に難易度が上がっていく構成になっていて、教科書としても良くできた本だなと思いました。
こういう型を繰り返しながら成長が望めるレシピ本が、個人的に欲しかったのです。

こちらのレシピ本を参照し、昨年焼いたパウンドケーキはこちら。

基本のしっとりパウンドケーキ(2015.7.26)

ドライマンゴー×オレンジ(2015.8.2)

クランベリー×ホワイトチョコ(2015.8.9)

(干し柿がなかったので)杏×ほうじ茶(2015.8.16)

(前回ムラになっちゃったのでリベンジ)ほうじ茶(2015.8.26)

カフェモカ(2015.8.30)

キャラメル×アーモンド(2015.9.20)

チョコレート×ヘーゼルナッツ(2015.10.11)

きび砂糖(2015.11.3)

黒砂糖(2015.11.23)

そば粉×アプリコット(2015.12.20)

スクエアショートケーキ(2015.12.26)

掲載されている順に作っていて、現在4分の1までたどり着いたところ。
今年も順に作りながら、パウンドケーキを通し、成長を望めたらいいなと思います。